買い方

【ボートレース】3連単ボックスの買い方と注意点「初心者は必読」

【ボートレース】3連単ボックスの買い方と注意点「初心者は必読」

本記事では、ボートレース(競艇)における「3連単ボックスの買い方とその注意点」について解説しています。初心者の方は必ず読んでおきましょう。

ボートレース初心者
ボートレース初心者
3連単が全然当たらなくて負けばかり。そこで、高額配当も狙えて比較的当たりやすいボックス買いにシフトしようと思うんですがどうでしょう?
ふねバカ「子」
ふねバカ「子」
「中々勝てない→ボックス買い」このパターンって割とありがちでして、これについて今回は色々な角度から解説を入れていきたいと思います。

ボックス買いの基礎「買い方から通り数まで解説」

ボックス買いの基礎「買い方から通り数まで解説」

そもそも「ボックス買いって何?」という初心者の方もいると思うので、簡単におさらいしておきましょう。

ボックス買いとは?

(6艇の中から)特定の艇を指定し、その艇からなる全ての買い目を全通り購入するといった舟券の買い方を意味します。

ボックス買いの例

例えば、3連単で「1」「2」「4」の3艇でボックス買いをするとなると、下記のような組み合わせ(買い目)を購入する事になる。
「1-2-4」「1-4-2」「2-1-4」「2-4-1」「4-1-2」「4-2-1」計6点
※艇の数に比例して点数は多くなる。

・ボックス買い「点数早見表」

2艇ボックス 2通り
3艇ボックス 6通り
4艇ボックス 24通り
5艇ボックス 60通り
6艇ボックス 120通り

とりあえず「ボックス買い」についてはこんなところでしょう。

ボックス買いのメリット・デメリット

ボックス買いのメリット・デメリット

基本をおさらいした上で、ボックス買いのメリット(良い点)・デメリット(悪い点)を見てみましょう。

ボックス買いの「良い点」
・予想が簡単
・穴狙いが出来る
・的中率が高い

4艇でボックス買いすればそのうち3艇が着順(1~3着)に絡めば的中するので、強い選手をピックアップするだけで当たることが多い。

ボックス買いの「悪い点」
・無駄な組み合わせがある
・点数が多くなりがち
・回収率が悪い

3艇ボックス買いだと1艇でも4着以下になると破綻する、そこで4艇でボックス買いすると一気に点数は跳ね上がり24点となる、各100円でも2400円も使うことになってしまう。

ってなことから初心者がボックス買いに手を出すとトリガミ(回収金額が投資金額を下回ること)になりやすいのだ、かといって3艇だと当たらないしという葛藤が待っている。

3連単ボックスの買い方「3パターン」

3連単ボックスの買い方「3パターン」

3連単ボックスでよく使われる買い方をまとめてみました、実際に舟券を買う時の参考にしてください。

  1. 2艇ボックス流し
  2. 3艇ボックス
  3. 4艇ボックス

それぞれ簡単に解説しておきます(参考画像のレース内容は無視してくれ)

2艇ボックス流し(8通り)

2艇ボックス流し(8通り)

ボックス買いの中でも人気なのがこの買い方、1・2着を2艇でボックスにして3着は総流しするというちょっと変則的なボックス買い。

大きいレースなど2艇の一騎打ちと展開が読めるレースならこの買い方がかなり美味い、初心者には難しいかもしれないが今後使えるように勉強しておこう。

3艇ボックス(6通り)

3艇ボックス(6通り)

「このレースはこの3艇で決まり、だが着順に関してはどう転ぶか分からない」なんて時におすすめなのが3艇ボックスだ、点数も6点と少なめなのでお財布にも優しい。

問題があるとすれば、「1艇でも飛んでしまうとその時点で舟券がただの紙切れと化すこと」、なのでこの買い方をする時は3艇で間違いないと考えられるレースにしなければいけない。

ただ、そんなレースはオッズが安いことがほとんどなので、それなら最初から本命で1着固定でフォーメーションを組んだ方が遥かに賢いのが現実だ。

4艇ボックス(24通り)

4艇ボックス(24通り)

4艇ボックスの場合24通りもある分お金もかかりトリガミになりやすいのだが、4艇も選べる分的中率も上がり穴狙いで万舟券も視野に入れる事ができる。

例えば「2+2艇」「3+1艇」と絞り込めた時に4艇ボックスで組めば、本命がくればトリガミだが、+αで追加した分が着順に絡めば40倍以上のオッズも割と狙えたりする。

ただ4艇ボックスの場合、トリガミがほとんどなのでボートレースで勝ちを重視する人にはオススメできない、逆に「1発でかいのを当てたい」って方にはオススメできる。

ボックス買いの注意点「基本オススメできない」

ボックス買いの注意点「基本オススメできない」

ここまで色々と解説してきたわけですが、当ブログ(ふねバカ)としては3艇・4艇ボックス買いというのはあまりオススメできない。

そもそも、ふねバカの考えとしては「ボートレースは展開を読んで勝つ」ってのが第一にあるので、とりあえずボックス買いという選択肢はなく、着順が絞れないのであれば最初からそのレースは避けるべきなのだ。

もちろん「身内でワイワイ遊びたいというならボックス買いもあり」ではあるが、ボートレースに対する基本姿勢として「ボックス買い」はないとここでは主張しておきます。

ふねバカ「父」
ふねバカ「父」
とはいえ、着順がコロコロ変わるレースが多い競艇場(江戸川など)ではボックス買いの選択肢は普通にある。
ふねバカ「子」
ふねバカ「子」
でも「勝つこと」「展開を読むこと」に重きを置いた場合、そもそもそういう競艇場での予想はしないってことだよね。
ふねバカ「父」
ふねバカ「父」
そういうことやね。穴党からすれば「つまらない奴」って思われるかもしれんけどな。笑

おまけ:「蛭子買い」なんてものも存在する

おまけ:「蛭子買い」なんてものも存在する

最後におまけで、ボートレースファンなら皆が知っている「蛭子買い」についても紹介しておくことにします、初心者の方は知らない人も多いだろうからね。

蛭子買いとは?

蛭子買いとは、ボートレース好きでも有名なタレント「蛭子能収」さんが使う「3連単BOX買い」を意味します。

3連単BOX買い・蛭子Verの内容

・1つ目「1256(24点)」
・2つ目「235(6点)」
・3つ目「245(6点)」
計36点からなる買い目を「蛭子買い」と呼ぶ

穴狙いに重きを置いた「1発逆転夢追い型」の舟券と言えます、ここにドンピシャはまるようなレースはほとんどありません。

このやり方で勝てるほどボートレースは甘くはありません、お金に余裕がある方なら演出としては面白い組み合わせだとは思いますけどね。笑

蛭子買いするならこのレース

ふねバカ「子」
ふねバカ「子」
「蛭子買い」を紹介しておいて「やめとけ」ってのはあれなので、ちょっとだけ補足を入れてこの記事を締めたいと思います。

万舟券狙いで蛭子買いするなら下記のようなレースを選ぶといいかと思います(1万歩譲ってのご提案)

  • ルーキー戦
  • 江戸川のBクラス戦
  • 女子戦

こうった展開を読むのが難しい(荒れる可能性がある)レースは「蛭子買い」に向いています、1発大きいのを当てたい方は是非どうぞ、負け覚悟でいけば夢はあります。

ってな感じで今回はここまで、ブログとは別にTwitterではタイムリーな情報や予想を発信していますので、もしよければフォローよろしくお願いします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です