コラム

ボートレースにおける必勝法とは?「断言する、勝ち方は1つだけ」

ボートレースにおける必勝法とは?「断言する、勝ち方は1つだけ」

本記事では、ボートレースで安定して勝っていくためのポイントについて解説しています。実践例を公開しつつその必勝法を紐解いていきたいと思います。

ふねバカ「子」
ふねバカ「子」
ボートレースって競馬と違って的中させすい分、配当が小さくて勝ちにくいイメージ、というか実際そうだよね?
ふねバカ「父」
ふねバカ「父」
確かにその通り。だがしかし、ボートレースで勝つ方法は存在する、今回はこれについて話してみようか。

前置き:競艇歴30年の立ち回りは伊達じゃない

前置き:競艇歴30年の立ち回りは伊達じゃない
ふねバカ「子」
ふねバカ「子」
そもそもこの記事を書くキッカケは、ふねバカ「父」のボートレース予想の立ち回り方が参考になりすぎて、自分だけ知ってるってのは他の人に悪いと思ったからだ。
ボートレース初心者
ボートレース初心者
ボートレースって当たっても配当が小さいから勝てない、当てようとすると点数が増えトリガミになり的中しても負ける。
ふねバカ「子」
ふねバカ「子」
その気持ちはすごい分かる、私も最初の頃はそうだった。でも結局のところやり方次第なんだなと痛感した、その実践例を先にお見せしておこうと思う。

「父」のアドバイス通り舟券を買った結果

2018年12月1日の出来事(やり取り)

ふねバカ「子」
ふねバカ「子」
丸亀の5Rってこれでどうよ?
ふねバカ「父」
ふねバカ「父」
なくはないが、それやとそこそこの点数になるやろ、しかも〇番の〇〇が仕掛ける可能性はゼロじゃない、勝ちにいくならやめときべき。

こんなやり取りを何度も繰り返し、結局「父」の予想に全て乗っかった結果、、、

・舟券その①

・舟券その②

 

結局買ったのは「若松8R+大村9R+蒲郡12R」の3つで結果は見ての通り全勝、実はここにボートレースで勝つためのコツが全て詰まっていると「父」は言う。

ここで、「あれ?金額小さくね?」なんてことをちょっとでも感じたならブラウザバック推奨、本記事の根幹は「大きく勝つ < 勝ち続ける」ことに重きを置いているからだ。

前置きはこの辺で、さっそく「父」から教えてもらった「ボートレースの勝ち方」について、包み隠さずお教えしていきたいと思います。

ボートレースの勝ち方「ポイントは3つ」

ボートレースの勝ち方「ポイントは3つ」

「ボートレースの勝ち方」について「父」から教えてもらったポイントは下記の3つ、プラス収支を維持し続ける、勝ち続けるための立ち回り方がそこにはあった。

  1. レースをとことん厳選する
  2. 舟券の種類は3連単のみ
  3. 点数をとことん絞る

それぞれ簡単に解説していきたいと思います。

①:レースをとことん厳選する

勝つためのポイント①:
レースをとことん厳選する

ふねバカ「父」
ふねバカ「父」
ボートレースで勝ち続けるために一番大事なのは「レースを絞る」こと、これに尽きる。
ふねバカ「子」
ふねバカ「子」
「レースを絞る」ってどういうこと?
ふねバカ「父」
ふねバカ「父」
端的に言うと「勝てるレースだけピックアップする」ということやね、ボートレースで勝っていくためにはここがブレてはいけない。
ふねバカ「子」
ふねバカ「子」
「勝てるレース」って例えばどういうレースのこと?
ふねバカ「父」
ふねバカ「父」
それは「展開が読めるレース」のことや、「穴がないレース」と言い換えることもできる、こういったレースをピックアップすることがまず第一やね。
ふねバカ「子」
ふねバカ「子」
初心者からするとそんなレースってあるのかな?って思うんだけど、そこはどうなの?
ふねバカ「父」
ふねバカ「父」
普通にある、感覚的には1日に1つか2つくらいやね。もちろん他開催のレースにも目を通せばその数は増える

ボートレースで勝つためには「穴がなく展開が読めるレース」をピックアップすることが大事って話でした。

②:舟券の種類は3連単のみ

勝つためのポイント②:
舟券の種類は3連単のみ

ボートレース初心者
ボートレース初心者
舟券は3連複で手広くカバーしたほうがいいかなって思うんですけどどうですか?なんなら2連単ってのもアリなのかなって。

これに関してはNG、理由は単純に配当が「安い」からと理解してもらえばOK。

先ほど「勝てるレースに絞る」とお話したわけですが、展開が読めてこれは堅いだろうと判断したレースを3連複で買うってのは何かおかしくないですか?

ふねバカ「子」
ふねバカ「子」
確かに、3連複で買うってことは「展開が読みにくく、少なからず本命が頭(1着)に来ないかも」って判断だもんね、さっきの話でいくとそもそもそういったレースは買わない事が大事だよね。

勝ちにこだわるなら舟券の種類は基本的に「3連単」のみ、3連複で買いたいと思うレースはそもそもレースの厳選が甘いってことを理解しておこう。

ふねバカ「父」
ふねバカ「父」
2連単は場合によっては使えるんだけどね、それはまた今度やね。

③:点数をとことん絞る

勝つためのポイント③:
点数をとことん絞る

最後に、予想点数はとことん絞ることを心がけましょうというお話です。

ボートレース初心者
ボートレース初心者
せっかく的中させたのにトリガミだ、、、当てても勝てないとかマジ泥沼かよ、、、

こういったことは絶対回避するべき、そこで重要となってくるのが「予想点数の数」、1レースに8点も10 点も買っている人は要注意。

ふねバカ「子」
ふねバカ「子」
点数は基本「4点」もしくは「5点」で買うのがベスト、「父」の舟券はほとんど「4点」でまとまっている。
ボートレース初心者
ボートレース初心者
「4点」とか、もし〇番が来たらどうするの、勝っておけばよかったのにってなるのが目に見えているんだが、、、
ふねバカ「子」
ふねバカ「子」
だからそういうレースは買わないってのがこれまでの話だよね。「もしかしたらこれも、、、」って思うレースは買わないことが大事なんだよ。
勝つためのポイントまとめ

・レースは展開が読めるものに絞る
・舟券の種類は基本「3連単」
・予想点数は4~5点にする
・悩むレースは買わない

勝つために必要なこと・スキル

勝つために必要なこと・スキル

先ほどはボートレースの勝ち方について解説したわけですが、その精度を上げるためにはどういった知識や取り組みが必要なのか「父」に聞いてみました。

  1. レースの展開を読む力
  2. 選手の性格やパターンを理解する
  3. 趣味買いしない・穴は狙わない

それぞれ見てみましょう。

①:レースの展開を読む力

その①:レースの展開を読む力

先ほど解説した「展開が読めるレース」をピックアップするためには、当たり前の話ですが「展開を読む力」を付ける必要があります。

・「展開を読む」とは?

 上記のような感じで展開が読めると「少ない点数で買える → 勝てる(ガミりにくい)」というシンプルな式が成り立ちます。

「競艇場の特徴」「時期」「モーター」など様々な要素を頭に入れ考えることでそのレースの展開を読むことができます、展開が読めると予想点数を抑えて1点に対して大きく張れるメリットもあります。

②:選手の性格やパターンを理解する

②:選手の性格やパターンを理解する

これは今さっき解説した「展開を読む力」について補足する形になります。

展開を読むためには選手の癖やパターンを知ることも大事です、例えばこの選手は「スタートが上手い」、他には「2コースが上手い」、性格で言えば「優勝戦では1着しか狙わないタイプ(6着上等)」などなど。

こういった選手の特徴を把握することで展開を読む精度を高めることができるわけです。

ふねバカ「父」
ふねバカ「父」
選手の特徴を熟知するにはボートレースをやり続けるしかない、つまり経験値を積み上げていくしかないから把握するまにかなり時間がかかるんだ。
ふねバカ「父」
ふねバカ「父」
負けたレースを分析すれば何が悪かったのか気付きを得られる、負けて落ち込むのではなくてその理由を考える癖を身に付けよう。

③:趣味買いしない・穴は狙わない

③:趣味買いしない・穴は狙わない

最後に趣味買いはしない、穴は狙わないってことを徹底しよう。

ボートレースで勝ち続けるには「もしかしたら」なんてことを考えてはいけない、となると穴狙いという選択肢はないわけだ。

更に言えば強者ひしめくSGやその他決定戦・優勝戦などイチオシ選手だからといって趣味買いはしない、もちろん展開が読めるなら話は別。

ふねバカ「子」
ふねバカ「子」
楽しむことを優先するなら趣味買いはアリ、ただ、勝つことを優先するなら大きいレースはなるべく避けたほうがいいということだね(絞りにくい)

まとめ:ボートレースに必勝法は存在する

まとめ:ボートレースに必勝法は存在する

今回解説した内容を簡単にまとめておきます。

ボートレースで勝つには

・レースをとことん厳選する
・舟券の種類は3連単のみ
・点数をとことん絞る

勝つために必要なこと

・レースの展開を読む力
・選手の性格やパターンを理解する
・趣味買いしない・穴は狙わない

ふねバカ「父」
ふねバカ「父」
ボートレースに100%勝てる方法はないが、勝ち続けるためのコツはあると思っている、そのベースとなるのが今回解説した内容だ。
ふねバカ「子」
ふねバカ「子」
「これって勝てるかも」「当たったら」なんて感じで趣味買いしまくったら案の定マイナス収支になった自分が通りますよっと。
ふねバカ「父」
ふねバカ「父」
だからレースはあれほど厳選しろと、、、笑
YouTubeチャンネル「まくる」

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です