コラム

【競艇】ボートレースはコース取りが命「6号艇が証明してくれました」

【競艇】ボートレースはコース取りが命「6号艇が証明してくれました」

競艇を始めたばかりの方及び、ボートレース初心者の方に告ぐ、ボートレースは、、、

 

「コース取りが大事!!」

 

ふねバカ「子」
ふねバカ「子」
ボートレースってコース取りが本当に重要よね、最初の頃はイマイチピンと来なかったけど今はそれがはっきり分かる。
ふねバカ「父」
ふねバカ「父」
コースが一つ変わるだけで予想も大きく変わるからね、それを考えると確かにコース取りはかなり重要やね。

ということで、ボートレースはコース取りが大事だということを、例を紹介しながら解説を入れたいと思います、ボートレース初心者の方はこの機会に是非見ておきましょう。

ボートレースにおけるコースの重要性

ボートレースにおけるコースの重要性

レースを走る6艇の選手はまず「コース取り」を行います、ピット離れが良い選手が優先的に良いコースを確保することができます。

ボートレースはインコースが有利というのは周知の事実、内側のコースを取ることができれば上の着順に入る確率がグンと上がるので選手も全力でいきます。

ふねバカ「子」
ふねバカ「子」
6コースを走ることが多いので基本的に不利とされる6号艇でも4コースを取ることができれば1着も見えてくる。

ちなみに、艇番通りのコース(番号に対応したコース取り)になることを「枠なり」と呼びます。そして、最近の傾向としては枠なりが多く、大きくコースが変わることはあまりありません。
 
補足として、コース取りの戦法として「前付け」というものがあります、これについては別記事で解説しますね。

 

「進入固定レース」に注意

ボートレース「進入固定レース」に注意

レースの中には「進入固定レース」と指定されている場合があります、これは各艇が「枠なり」でコース取りするよう強制されることを意味します。
 
なので、進入固定レースでいくらコース取りのことを考えても意味はありません、必ず艇番通りのコース取りになることを覚えておきましょう。

コース取り次第で結果は大きく変わる「実践例」

 コース取り次第で結果は大きく変わる「実践例」(2018年12月17日大村9R)

コース取りが大事ってことを踏まえて上記のレースを見てみよう、2018年12月17日大村9Rの出走表になる。

わざわざこのレースをピックアップしたのはもちろん理由がある、ポイントは下記の通り。

  • スタート展示で6番「中村」が4枠を奪取
  • 3番「渡」が微妙なことこの上ない
  • 4・5番の2選手が超微妙

スタート展示で6番「中村」が4枠を奪取したことから本番でのコース取りに期待できる、6コースと4コースでは天と地の差。

6番「中村」が本番でも4コースを取ると考えた時、3コースの「渡」が良い具合にしょぼい、加えて2号艇山口も良い意味で期待できない、となると6番の頭(1着)も見えてくる。

となると4・5番のB2クラス2選手に出番はない、強いてあげるなら5コースの4号艇「浜先」だろうがそれでも3着止まりと考える、つまりこの2選手は切っていい。

ふねバカ「子」
ふねバカ「子」
6号艇「中村」が4コースを取ると考えれるだけでここまで読めるようになる。
ふねバカ「子」
ふねバカ「子」
外枠を走ると予想される4・5号艇はB2選手なのでバッサリ切れるのもでかい、4艇で舟券予想するだけなので点数を押さえることもできる。

3連単フォーメーションで舟券を購入

3連単フォーメーションで舟券を購入

購入した舟券→16-126-1236
の計8点、各200円(合計1600円)

ふねバカ「子」
ふねバカ「子」
こんな感じの予想ならそこまで難しくないし再現性も高いと思う。

これまでのレース結果が気になるが

これまでのレース結果が気になるが

これは「流れ」の話になるのでオカルトの域を出ないわけだが、今日の大村は如何せん1からの頭が少ない、加えて4コースの決まり手になることが多い「差し」も少ない。

舟券的に1枠の「鳥居塚」、4枠を走るであろう「中村」が来ないことには話にならないのでちょっと不安です。笑

ふねバカ「父」
ふねバカ「父」
ワシはそういうのは気にせんたちやね。笑

レース結果はいかに「部分解説」

①:肝心のコース取りは!?

①:肝心のコース取りは!?

コース取りはひとまず展示通り、ここがダメだと予想が破綻しますからとりあえずOK。

ふねバカ「子」
ふねバカ「子」
4・5番のどうぞどうぞ感がすごい、ここで張り合うのもアホらしいってところか。笑

 

②:スタートは正常「1番が好スタート」

②:スタートは正常「1番が好スタート」

1枠1番の「鳥居塚」が好スタート、他5艇も並んでいる感じなので4コースからの捲りの線は消えた、となると4枠6番「中村」が頭を取るには最内を回っての差ししかない。

普通なら1番の逃げ展開だが、さてどうなる、、、

 

③:2号艇のターンが甘ければ

③:2号艇のターンが甘ければ

ここから、、、

③:6号艇中村の差し!!
ふねバカ「子」
ふねバカ「子」
スペースが空いたところに中村の差し、どこまで伸びるか。

 

④:1号艇まで食らいつけ!!

上手く差した⑥中村、内に入ったら後は全力で走るのみ。それに付いていく2号艇の非力な走りなことよ。

仕掛ける中村、逃げる鳥居塚
ふねバカ「子」
ふねバカ「子」
仕掛ける⑥中村、①逃げる鳥居塚、③渡はおそらくここでお役御免か。

オッズ的には断然⑥が来て欲しいわけだが、①の鳥居塚も腐ってもA1。

 

⑤:中村の熱烈アタック決まる

⑤:中村の熱烈アタック決まる

⑥中村の熱烈なアタックを受け止める①鳥居塚、ここら辺が甘いのよね(^_^;)

状況としては⑥中村が優勢

とはいえ、⑥の頭も買っている自分からしたら最高の展開、これで分からなくなった。

ふねバカ「子」
ふねバカ「子」
②山口は完全におこぼれ狙い、安全なところから無難に3着を取ろうとする走り。笑

 

⑥:勝負は2週目第2M!!!!

⑥:勝負は2週目第2M!!!!

勝負は2週目第2Mまでもつれ込む、やる気満々の⑥中村、負けたら客に舟券を投げつけられること間違いなしの①鳥居塚。

「頑張れ⑥中村!!」

 

あっさり⑥中村の頭で勝負あり

蓋を開けてみればなんてことはない、あっさり⑥中村の頭で勝負あり。

ふねバカ「子」
ふねバカ「子」
腕のある選手なら普通に逃げてたレース、鳥居塚ちょっとツメが甘いか。

 

レース結果「配当が美味い」

レース結果「配当が美味い」
  • 購入点数8点(各200円)
  • 的中配当2740円(11番人気)
  • 差し引き3880円のプラス

まとめ:コース次第で展開は大きく変わる

まとめ:コース次第で展開は大きく変わる
ふねバカ「子」
ふねバカ「子」
さっきのレース、やったー!!的中したー!!勝ったー!!

ってことを言いたいわけじゃないんだ。笑

⑥中村も結局のところ4コースを取れたから頭を取るチャンスがあっただけで、6コースからなら3着止まりでノーチャンスだったろう。
 
つまり、冒頭でも言った通り、ボートレースはコース取りが重要なのだ。

「エンジン良い」「スタートが良い」、これらはもちろん予想する上で大事な要素ですが、レースを予想する上で一番最初に考えるべきは「コース取り」です。

大半のレースが「枠なり」で落ち着くことがほとんどなので、意識しにくい部分とは思いますが、レースはコースを理解して初めて予想できるものだと理解しておくことは大事です。

ふねバカ「子」
ふねバカ「子」
なので、スタート展示は必ず確認しておきましょう、コース取り展開が怪しいものを事前に察知することができます。
ふねバカ「父」
ふねバカ「父」
スタート展示の時点でコース取りが怪しいと感じたら、そういうレースは買わない方がいい。

繰り返します、ボートレースは「コース取り」が大事、また一つ勉強になりましたね!!

ってな感じで今回はここまで、ブログとは別にTwitterではタイムリーな情報や予想を発信していますので、もしよければフォローよろしくお願いします。

YouTubeチャンネル「まくる」

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です