コラム

ボートレースで安定板がイン有利な理由/アウト不利の法則

ボートレース(競艇)で安定板がイン有利な理由/アウト不利の法則
まくる

どうも、まくるです。今回はボートレース(競艇)における安定板装着の影響について解説したいと思います、江戸川だとよく付いてますよね。

安定板とは?

安定板とは、水面のうねりが高かったり悪天候の時など水面が荒れている時にボートに取り付けられるU字型の板のこと。「安定板」を付けることでボートの安定性が高まり、キャビりにくくなる事で事故防止の効果があります。

水面が荒れやすいボートレース場は安定板が付くことが多く、荒れ水面で有名な江戸川競艇場は頻繁に安定板が付きます。地元選手が有利と言われるのは安定板を装着した時の走り方を知っているという点も大きい。

キャビるとは、ボートレースの専門用語で正確には「キャビテーションを起こす」と言います。他艇が走った際に生じる引き波に乗ることで、急激に速度を落としてしまう現象のこと。

引き波とは、艇が走ったあとにできる波のことです。艇が引き波に乗ると水中の気泡によってプロペラが空転状態になり、艇の推進力を失ってしまいます。ターンした後にキャビると失速し後続艇に抜かされたり、衝突するなど事故の原因になりやすい。

安定板についてはJLCレジャーチャンネルでも紹介されています、気になる方は観てみよう。

ボートレースの安定板による影響

荒れ水面では安定板を装着することでボートの安定性が増し、事故防止になると解説してきましたが、舟券を予想する私達にとってどのようにレースに影響があるのか、これについて解説したいと思います。

①:イン有利・アウト不利

一般的に安定板を付けるとイン有利・アウト不利とされています。理由は、安定板を付けると水面の抵抗が大きくなりボートが安定する分、トップスピードが落ち外からまくり切るのが難しくなるからです。

安定板を付けると回り足が良くなるものの、総合的に考えると外の艇にマイナスに働くため、結果的にイン有利に働くということですね。勘違いしてはいけないのは、インが劇的に強くなるという事ではないということ、安定板を付けていても内の艇のスタートが凹めば捲りは普通に決まります。

②:モーター性能が変化する

安定板を付けると、水面の抵抗が増えるのでモーターにかかる負荷も大きくなり、良いモーターなら問題ありませんが悪いモーターは更に悪くなったりとモーターの性能差が顕著になります。

ただ、安定板を付けることで良いモーターが良くなったり、悪いモーターが少し良くなったりする事もあります。なぜこういう事が起きるかというと、モーター整備やペラ調整は安定板の有無でアプローチが異なるからです。

エース機(超抜モーター)のように、元々ポテンシャルが抜群のモーターは安定板を付けても悪くなる事は少ないです。実際にも、2002年に平和島開催の第37回総理大臣杯では三号艇の野澤選手が超抜モーターを武器に安定板装着にも関わらず豪快にまくりを決めてSG初優勝を決めています。

③:レースが荒れやすくなる

安定板を付けるとインが有利になるという事ですが、実際にはイン逃げから堅く決まるレースよりかは、高配当が出る穴レースが多い印象を受けます。

というのも、安定板を装着するという事は既に水面はかなり荒れていて、スタートも難し言うという事。先ほどのようにモーター性能も変化し安定板付きで走れる腕があるかどうかにも左右されます、そう考えると安定板が装着されている時点で荒れる可能性が高い。

出走メンバー全員がA級で、一号艇の選手が地元選手で当地勝率が高いという事なら「安定板も付いているしイン逃げしそう」という判断も可能ですが、基本的には安定板が付いている時点で荒れそうと判断するのが無難かと思います。

安定板がよく付く水面/ボートレース場

水面がよく荒れる安定板が付きやすいボートレース場を紹介しておきます。

  • 江戸川競艇場
  • 三国競艇場
  • 丸亀競艇場

江戸川競艇場は皆さんもご存知の通り、日本一の難水面であの峰竜太選手に苦手と言わせるくらいの荒れ水面です。河川をそのまま競争水面として利用しているので安定板を付ける機会はかなり多いです。

三国競艇場は一年を通して追い風が吹きやすく、風の影響を非常に受けやすい水面です。強風が吹くと波が高くなりうねりが発生することから安定板を付けて走ることも多いです。丸亀も同様の理由で安定板を付ける機会が多いです。

まとめ

今回の内容を簡単にまとめると。

  • 安定板の目的は事故防止
  • 安定版を付けると回り足が良くなりボートが安定する
  • 安定板はイン有利・アウト不利
  • 安定板の有無で調整方法が変わる
  • 良いモーターは安定板を付けても強い
  • 風がよく吹く水面は安定板が付きやすい
  • 安定板を付ける時は荒れやすい

安定板の有無で調整方法はもちろん、ターンの仕方も変わるので腕のあるベテラン選手の活躍に期待できそう。地元が江戸川で日頃から荒れ水面を走り慣れている選手は安定板の影響を受けにくいかも?

安定板を付ける時は、本場ならアナウンスがあったり、ライブ配信なら解説者からの説明、予想アプリ(マクールなど)では「安定板使用」など記載があるので必ずチェックしておこう。

まくる

本命党の方は安定板使用の時は「買わない」という選択が無難かと思います、荒れる可能性が1%でも高くなるならそのレースは買ってはいけない。

競艇仙人

ワシは穴から買おうかな、安定版を付けた影響でスロー勢のスタートが遅れた結果、4カドから攻めて展開突く大外にちゃーーんす!!

YouTubeチャンネル「まくる」

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です