コラム

【競艇】ボートボーイが休刊になる背景まとめ

【競艇】ボートボーイが休刊になる背景まとめ
アイコン名を入力

愛読者の多いボートレース専門誌「BOAT Boy(ボートボーイ)」が休刊になるようです、マクールと切磋琢磨してきたライバル誌がなぜ今になって休刊に、、、

「BOTA Boy(ボートボーイ)」遂に休刊に

名称 BOATBoy(ボートボーイ)
種類 ボートレース専門雑誌
創刊 1996年3月に発売(4月号)~
休刊 ~2020年6月に発売(7月号)
発行元 日本レジャーチャンネル(JLC)

1996年3月に発売されてから24年間、ボートレースファンに愛され続けたボートレース専門誌「BOATBoy(ボートボーイ)」2020年6月に発売される7月号をもって休刊となります(廃刊ではありません)

競艇時代から続くボートレース専門雑誌と言えば「マクール」と「BOATBoy」の二つでしたが。その一角が崩れるのは何とも言い難いものがあります。

BOATBoyの編集長で有名な黒須田守さんは休刊を受け下記のようなツイートをしています。

定期購読を契約している読者への返金については7月号でお知らせするようです。

このタイミングで休刊する理由

ボートボーイはマクールと同じくらい愛読者が多い印象だったので、休刊する理由がすぐに出てきませんでしたが、タイミング的に例の感染症の影響か?と一瞬思いましたがそういうわけではなさそうです。

無観客開催が続いて場内での売り上げは無くなったものの、その一方でネット投票は凄まじい勢いで伸びており、2020年5月26日~31日にボートレース住之江で開催されたSGオールスターでは、フライング等の大幅返還があったにも関わらず目標売上90億を大きく超える152億4546万9800円と絶好調ぶり。

であるなら、無観客開催が続く今だからこそボートレース専門誌が活躍するのではないかと思っていましたが現実はそうもいかないと、ボートレースを管理するのは国土交通省(公営ギャンブルなので)であり、BOATBoyを発行するのはJLCとは全く別もので舟券の売り上げが伸びても関係ないですからね。

アイコン名を入力

ボートレースは好調でも、雑誌的には売上は良くなかったのかも、JLCもボランティアで発刊しているわけではないですからお金にならないと続ける意味がない。

売上の話でいうと、2020年3月末をもってJLCからスカパーでの685Wプラス、686プラス、687プラスの放送を終了し5チャンネル体制に切り替えるというコスト削減も図っているようなので、売上的に厳しい現状が既にあった上でのBOATBoy休刊という事なのかもしれません。

つまり、売上的に厳しい状況で休刊という選択をするという事は、BOATBoy自体はそこまで儲かっていなかった、もしくは赤字だったと考えるのが自然かと思います。あとデジタル化が進むこのご時世に紙媒体は将来性の観点からも切りやすかったのかもしれません。

アイコン名を入力

まぁ確かにボートレースは好きだけど専門雑誌の購読は興味ないって層は結構いそうだしね。ちなみに自分は買ったことも読んだことすらないです。汗

YouTubeチャンネル「まくる」

POSTED COMMENT

  1. 佐藤C作 より:

    公営競技の専門誌と言えば最近では競馬最強の法則、何年か前にはKEIRINマガジンが休刊になる、というファンにとって非常に残念な事がありました。
    そして今回はボートボーイが休刊する訳ですがこれは恐らく、紙媒体というメディアが時代の流れにそぐわなくなった、という事情が大きく影響しているのかも知れません。
    手前味噌ですが今年1月いっぱいで私の住む町の本屋が閉店しましたが、そこではボートボーイも売っていたのかどうかは定かではありません。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です